スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
インスピレーション
夏休み中 アレコレいろいろ試作してみたものの今一ピンとこず・・・

あ〜でもない、こ〜でもない

行き当たりばったりに適当なサイズでモデル作るもんだから

自分でも何やってんだかよーわからん。



そんな私の夢に登場したロシアのマトリョーシカ人形。
彼ら(彼女ら?)に全速力で追いかけられ目が覚めました。
でも、何となく中から何かが出てくるっていうのとか夢があるし、
わくわくするし、

コロコロしてる感じとか可愛いらしいし、

これは子ども用の椅子のアイディアに繋がるな〜と思ったのでした。
 
| Blog | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本日も・・・
本日も卒研日和です。

外にいても、家にいても暑いなか

ココ、研究室は避暑地です 笑


最近何を作ってるとかは無いですが、参考図書を読んでます。

先生が貸して下さる本を2日間で1冊ペースで「ほ〜、そんな考え方ね〜」と思いながら読んでます。

そして最近強く思うのは、私が卒業後に勉強したいと思ってる分野と今やってるデザイン分野って自分が認識している以上にすごく近いのではないかってこと。

同じモノ・コトでも切り口によって捉え方が違うってすごいなあと。

でもそれはある意味、まだまだ自分が一つの考え方に固執している事実に直面するわけで・・・


いろんな世界を知らないと!と思いつつ

今日は今からカバーレター(出願動機書)の書き直しに取りかかります。 
| Blog | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Affective Designとは
JUGEMテーマ:アート・デザイン 
JUGEMテーマ:卒論

『椅子におけるAffective Designの可能性』

これが今私が行っている卒研のタイトルです。
随分とたいそうなフィールドに足を突っ込んでしまったと思いつつ今日も研究室に。

affectiveは「感情的な;感動的な;〔心理〕感情に関わる、情緒の、情動的な」という意味なのですが・・・

感情なんてすごく個人に由来するモノだし、それに加えてのデザインという単語。
考えだすと迷路に迷い込んでしまったような、雲を掴もうと捥がいているような・・・

つまり、かなり曖昧さの残るフィールドなんです。


とにかく私なりのAffective Designの考えをここに示しておかねば前にも進めないし、

卒研の内容がブレても困るということで今日はここに記入しておくことにします。



□まず第一に、なぜ「Affective Design」という単語が出てきたか

近年、自然だとかエコだとか環境だとかいう言葉が頻繁に叫ばれるようになりSustainable Design(持続可能なデザイン)というテーマがデザイン界で用いられるようになりました。でも、その持続可能なデザインというのは環境との協和を謳っているから成り立つのか、流行の外観があればそうなるのか、何を持って持続可能なデザインと言えるの?
そんな巡りからでてきたのが「Affective Design」なんです。

□Affective Designのプロダクトが私達に与えるもの

環境に優しいとか、活動目的に適しているとか、倫理的に適うだけではSustainable Designとは言えないんじゃないかってコトは上で書きました。頭ではなく心に響くデザイン要素(Affective Design)をモノに取り入れられているかがキーになるのではないでしょうか。
つまり、そのデザインがユーザの愛着を誘っているか。
私が思うに、私達がモノを大事にしようとか、長く使おうとか思うのはモノに『愛着』があるときです。
例えば、子供の頃に使っていたモノを自分の子供にも使わせたいと思うモノだったり、毎年その季節が巡ってくる度に引っ張りだしてくるモノだったり。そういうモノないですか?

□私が考えるAffective Design

ひとの感情や愛着はその人が育った、生活してきた文化に由来しているというのが私の考えです。幼少時の思い出だったり、何気なく毎日繰り返している行動、生活している地域の気温や匂いによってモノに対する感じ方が違ってくるのだと思います。だから、人によってAffective Desginだと言えるモノは違うんじゃないかな、と。


とりあえずはこんなトコでしょうか・・・
















| Blog | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反省④

反省会第四回は遅れに遅れて月末更新になってしまいました。
学期末は毎年バタバタです。

毎度毎度、計画的にやっときゃ良かったと思うものの全く学習しない大学5年目・・・。



以下反省↓


この一ヶ月は調査というよりも、調査した内容をまとめる為の一ヶ月でした。
私はまとめの表として、以前から言っていた年表風なモノを完成。
それがコチラです  
designers & background


年明けの発表のときにはA1で印刷して展示に使おうかと検討中です。



更新時期がとっても半端になってしまったので、今回はこのへんで。







| Blog | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反省
JUGEMテーマ:卒論

反省会も第三回目となりました。

前回は五月病がど〜のこ〜のと書きましたが、今回は六月病が・・・。
なんて言ったら叩かれますね。

何だかこのブログのサブタイトルを
”グウタラ学生の綱渡り卒研日記”に変えた方がいいんじゃないかと 笑


このほうがアクセス数上がったりして?!











さて、「けじめ」です。


調査面

一つ前の記事にも書きましたが、論文の核探しのため一度読んだ文献を読み返しています。
特に注意して読んでいるのは
    ・モダンデザインとはなにか
    ・モダンデザインとコンテンポラリーデザインの関係
    ・北欧デザインの広まり

今まで、芸術活動別に調べたり、地域別に調べてみたりしましたが1950s付近を再調査です。


この付近を核に論文を展開しようと考えています。

この付近というのは、
    ・戦争が終わり、軍事用に開発されていたテクノロジーがデザインのフィールドに用いられ
    ・世界各国でデザインの価値が見直され、多くのデザイン団体が設立され
    ・戦争被害による町の再建がなされ
    ・デザインにナショナルアイデンティティが再び見出されるようになったり
と大変興味深い時代です。



そして、せっかく再調査しているのだからと「デザイン史メモ」を取ることにしました。

「デザイン史メモ」。
勝手に命名しましたが、読んだ本の章の要約や自分が後からパッと見て分かり易いようにポイントを箇条書きしたようなものです。

流石に手書きは面倒なのでPages使ってます。

これも後々ブログにアップしたいと思っていますが、剽窃なんて言われない様に編集してから載せましょう。






 


 
| Blog | 01:10 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
笑って読めるマジメな本
JUGEMテーマ:卒論

卒業研究気力席検裟擇蠅泙濃弔垢箸海躇豬遒△泙蠅任后
一体、私は今まで何をしてたんでしょう?!

思いっきりサボった記憶もなく・・・
この時期にこんな回想するくらいなら思いっきりサボるんだったと思ったり思わなかったり。



図書やネットで調査もしているし、デザインの年表も作ろうと作業はしているものの作業状況は言わば「つまみ食い」。

何が美味しかったかなんて覚えてないし、まぁ美味しかったよ。

つまみ食いで夕飯食べる前にお腹もいっぱいなっちゃたよ。

みたいな?





『これじゃダメだ!』

と思い卒研論文のWordファイルを開く

1、はじめに(研究背景などを書く)




・・・。








私の卒研のテーマは何だ?!  ←今サラッ!!

『椅子』  ←そんな壮大で漠然なテーマ一生費やしたって終わるもんかッ!!


もっとね、そのテーマを砕いていって掘り下げるポイントを絞らないと。
その絞ったポイントからオリジナルデザインに展開してかないと!

と自分にツッコミ。




そこでとりあえず本屋に走って手にした本がコレ↓だった。

book_05.jpg論文の教室 レポートから卒論まで
著:戸田山和久























本当にこの記事タイトル通り<笑って読めるマジメな本>です!


【冒頭部引用】
”大学生活というのは、論文に次ぐ論文、レポートに次ぐレポート、ともかく文章書きに追われる毎日になることは確実だ(もしあなあの大学がそういう大学ではなかったなら・・・中略・・・なるべく早いうちに脱出を試みてください)”  (爆)


まぁ、うちはデザイン学部ですから・・・。
作品提出はありましたよ。
期末はそれはもう追われました。


そして、この本の素晴しいところは論文の種となる「疑問」の見つけ方のノウハウから教えてくれる所!


この本を読んでから、卒研当初にザッパ読みした『モダン・デザイン全史』を精読しています。


卒研止まってる方読んでも損はしませんよ。








































 
| Blog | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サイト紹介
JUGEMテーマ:アート・デザイン

昨日は休日にも関わらず昼前から研究室で年表制作。

今週、思ったよりも作業が進まなかったので、休日返上です。



それはそうと、今日はとっておきのサイトを紹介します!

ロンドン に『DESIGN MUSEUM』というモダンなものを集めたミュージアムがありまして、
そこのOnline Exhibitionsのページです。

DESIGN MUSEUM Online Exhibition


現在そのサイトでは”A CENTURY OF CHAIRS”というテーマで19,20世紀の椅子を年代別に写真と共に紹介しています。

同時に今i-Padで話題のAppleのエキシビションもオンラインで同時開催中です。



このDESIGN MUSEUMはイギリスでは珍しく入場料を取るミュージアムで私も留学中は2回しか行きませんでしたが、行くごとに展示物が変わっており値段相応の展示です。
今頃になって、あのときのエキシ行っとけば良かったと思うのです・・・

ロンドンのミュージアムと言えば、やはり大英博物館やテート・モダン、ナショナル・ギャラリー、ロイヤル・アルバート辺りがガイドブックのMUST GO的な感じで載ってますが、DESIGN MUSEUMだって捨てたモンじゃないです!



| Blog | 00:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
言い訳
先週はと言いますと・・・

卒業後進学希望の私は、

進学先に提出するCL書きに取り組んでおりました。



なので繋ぎとしましてちょっと番外編をアップします。



今回は私が卒研と同時進行で行っている進学準備から・・・


これは2009年5月某日よりスタートした私の就活ノートならぬ進学ノート





英語の試験の反省や結果、私の思考回路の推移等が記録されています。

怠け癖があり、

怠けていたかと思いきや、突如 勢いで動いてしまう人なので・・・

たまに読み返すと凄く役立ちます。



そして、かかった費用の記録。

コレも重要!

地元福岡では情報薄で対応できないことも!

就活と一緒。 遠征をすることだってあります。

だからやっぱり金銭記録は大事。





最後に・・・

大阪に遠征の際はFIRST CABINがオススメです。
とってもユニークなカプセルホテル?! ビジネスホテル?!な感じ。
難波駅から近く大通りに面しているので夜でも女性1人でも安心です☆


| Blog | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反省
一人反省会第二回目です。

GWも終わり、気持ち五月病チックな感じですが・・・
今日の反省を期にまた一月頑張りたいところです。



まずは、前回に倣って今の状況から・・・

調査面

前回から引き続き椅子をひたすら調べつつ、大まかな全体像が見えてきたところで、その椅子のバックグラウンドを併せて調べています。
・時代背景
.素材、技術の開発
・デザイナーの支持していた思想やデザイン運動




制作の面では現在 まとめの表作りに取り組んでいます。

まとめの表制作がまた大変・・・

たかが椅子、されど椅子。

歴史も長いし、資料も膨大。視覚的にまとめる訳なのでどうやってこの太く長い椅子の歴史をまとめるか・・・

そこで私は2つの視点でまとめることにしました。

■1つ目は時系列に沿ったデザイナー年表に時代背景を盛り込んだ年表
 椅子が一般に多く出回り、市民の生活により密着してきた産業革命後の19c〜20cを取り上げます

■2つ目はブランド別の表
 こちらにはそのブランドの歴史や主に契約しているデザイナー、そのブランドのコンセプト、今日の作品も取り入れブランドの傾向、地域性が見られるものです



これからひと月は表の制作が主な課題です!
今月はデザインを書き溜めながら↑の課題を進めたいと思います。






ところで 前回の反省の後半に書いた

『年表の本格作成はデザインのラフ案と同時進行するとして、GW明けまでに年表の案と現在進行中の椅子の調査を終わらせる!これが目標ですね。』

まぁ、何とか実行できました☆

ただ、椅子の調査は随時やって行きたいところです・・・





 
| Blog | 16:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
反省
3/1に卒研がスタート、3/10にこのブログをスタートしました。
我ながらマイペースな進行状況・・・
遊んでいる訳ではないのだけれど、時間を上手くやり繰りできずスケジュールに遅れが出ている状況。
このままではまずいと思い、ブログも約1ヵ月経ったのを期に月1ペースで反省をすることにします。

まずは今の状況・・・

私が行っている調査は椅子をひたすら調べること。
・どんな椅子が誰によって作られたか
・その椅子がデザインされた当時の時代背景や傾向はどんなか
・デザイナー同士の影響はどうか
・どのような意図でそのデザインが生まれたか
・名作椅子を世に送り出したデザイナーはいったいどんな人物か(その人の考え方) etc...

そんな事を調べてこのブログにアップしているところです。


情報源は本やインテリア雑誌、インターネット。
インターネットのサイトを見ていても微妙にサイトによって違う書き方がしてあったり・・・
本も同じです。
時には英語力を活かしてそのデザイナーやそのブランドが作っている英語のサイトをチェックしたり。
その情報源から得られる情報を自分なりにブレンドしてこのブログにアップする方式で調査を進めています。

今回の卒研で私は初めてこの方式で調査を進めているんですが、
これが結構難しい。

自分でなんとなく理解しているだけでは、その情報を自分の言葉でまとめることは出来ない・・・


でもこの自分で調べたことをブログにアップするやり方は自分に合ってるんじゃないかと思ってます。
更新数に比例してアクセス数も上がるのでその数が更新の基準にもなるし、
ブログにするからはコンスタントに卒研を進めなければというほど良いプレッシャー、
ちょっとは文章力もできるのではないかという期待があったりなかったり 笑
このブログをはじめて早一ヶ月と少し、だんだんこの形式にも慣れてきました。



そもそもこの卒研を始める前に年間のスケジュールを作成しているのですが、
それによるとGW明けからはひたすらアイディアを絞りだすという作品制作過程のベースに入らなければなりません。
年表の本格作成はデザインのラフ案と同時進行するとして、GW明けまでに年表の案と現在進行中の椅子の調査を終わらせる!これが目標ですね。






 
| Blog | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

MOBILE

qrcode

LINKS

SPONSORED LINKS

SEARCH